バナジウム天然水の効果

MENU

バナジウム天然水の効果

バナジウム天然水とは、マグネシウムやカリウム、カルシウムなどと同様のミネラル成分の1つであるバナジウムを含んだ天然水のことです。

 

そして、その効果については、主に2つ挙げられます。

 

まず1つ目に、バナジウムにはインスリンに似た働きがあり、またインスリンの効果を高めることから、血糖値を下げる効果があるとされています。

 

実際にアメリカで行われた実験では、人工的に糖尿病にしたラットにバナジウムを与えると血糖値が下がったという報告があり
、また国内の実験でも、糖尿病の患者に対し180mlのバナジウム天然水を1日3回2か月間飲んでもらったところ、
約8割以上の患者が血糖値が下がったという報告もあります。

 

もっとも、バナジウム天然水を飲むのを止めると、血糖値がまた上昇したとのことです。

 

次に2つ目は、バナジウムのインスリンに対する効果の派生的なものとして、インスリンの感度を高め、
その分泌を抑えることより、ブドウ糖が中性脂肪として体内に蓄えられるのを抑制する効果が確認されています。

 

それ故にダイエットにも有効ではないかとされています。

 

また、研究段階ではありますが、血液が固まるのを抑える抗疑血薬の作用を高める効能も期待されているところです。